競馬を引退した元競走馬たちのサイト

乗馬クラブ等にいる元競走馬たちの近況レポート

小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの突撃レポ

ブルームーンヒル牧場

馬たちが放し飼いにされている中で見学出来る乗馬施設

【訪問月】:2005/9

到着時、ちょうど馬房から馬たちを外に出しているときだったのですが、今までの乗馬施設とは何かが違うんです。
柵の中に1頭ずつ放されているのはいつもの光景なんですけど、数頭はなんと!私たち人間が歩く所に放されているんです!
今まで何十カ所か訪問させて頂きましたが、こんなところは初めてでした。
牧場の方の話では、柵の中にいるのはみんな牝馬で、来月ぐらいには発情期が終わりそうだから、そしたら牡馬たちと一緒に牧場内で放し飼いにするということでした。馬たちの自然な姿をということですかね。基本的に牧場内を放し飼いなんですってw(゜o゜)w
もちろん柵の中に居ても馬たちに近づくことは出来ますけど、自分の横をゆったりと歩いて行く馬は迫力があり、柵があるか無いかだけの違いなんですけど、より身近に感じられて、なかなか良かったですよ(^_^)
話を聞くと長野にも牧場を持っていらっしゃるそうです。名前は聞かなかったけれど。
でも長野は雪が降るので、いずれこちらだけにする予定とのことでした。だから、今後もっと馬たちは増えるのかもしれませんね。
また、乗馬だけでなく、繁殖や、調教した馬を他の乗馬施設に売ったりもしているそうです。オーナーの方に「元競走馬の調教は大変じゃないですか?」と聞いたところ、「人間を乗せることに慣れてるから調教しやすいよ。それより子馬の方がロデオみたいになって大変。でもそういう馬を調教するのがおもしろい」と仰ってました。難しいことや大変なことを「おもしろい」と答える方、私大好きです(笑)
こちらにはポニーやアパルーサなども含めて現在14頭の馬たちがいるとのことでしたが、そのうちサラブレッドは4頭だそうで、今回はその4頭プラス2頭の計6頭を紹介します。いつものことですが、名前を聞くの忘れてしまったので情報は性別のみです。1頭だけは父馬の名前が分かりましたが。どなたか名前等の情報をご存知の方、管理人までご一報頂ければ。

馬たちがトウモロコシの茎を食べていたのですが、堆肥(馬糞)をあげた近所の方達から頂いたものだそうです。いわゆる物々交換ですね(^_^)
あと、馬たちの紹介文の中でも書いていますが、ここの馬たちは柵の木をガリガリ齧るから年に1回は付け替えるらしいんですけど、馬たちもおいしいところを知っているので新しい木しか食べないんですって(笑)
だから毎年付け替えるハメになるんでしょうねぇ。

馬たちの写真を撮っていた時、何度か『もっと近くに寄っていいよ』と言って下さったんですけど、馬を見に行くと、時々ですが『あんまり近づかないように』と言われたり、競走馬ふるさと案内所の牧場見学の注意事項とかにも『近づかないように』って書いてありますよね?
なので普段から近づきすぎないようにしているので、せっかく言って下さったのに、どこまで近づいていいのか距離感がイマイチ分からなくて、あまり近づけませんでした(^_^;
ホントは顔と顔を近づけてみたりしたいのに。習慣って怖いですね(笑)
皆さんは、訪問した時はここぞとばかりに近づいてくださいね(^_^)
ただ、『指は出さない方がいいけどね』ということでしたので、そこのところは注意して。多分口元に出さない方がいいということだと思うんですけどね。ちょっと離れた所から言われたのでハッキリとは聞き取れなかったんですけどジェスチャーからなんとなく。
念のため、馬たちに触れる時は聞いてからにしてみてください。多分ダメとは言われないと思いますけど。そういうことを仰る感じの方ではなかったですし、オーナーの方とお話ししながら近くに来た馬の顔をちょっと触ったんですけど何も言われなかったので。

あと、馬の後ろには立たないようにいつも注意しているんで、この時も後ろに行かないようにというか、馬が動いて自然と後ろになってしまうことが多々あったので移動していたんですけど、オーナーの方が『馬が走り出したら後ろには立たない方がいいけど・・・』と仰っていました。

はじめ、ちょっとおっかなそうな人だなぁ(笑)と思ったのですが、話しやすく気さくな方でした(^_^)
ですから、お仕事の邪魔にならない程度に声を掛けてみると、色んな馬たちの話を聞かせて下さると思いますよ。
『ここの馬たちは初めての人には少し警戒するけど、すぐ慣れるし人懐っこいよ』とのことでした。
もう少し長く居られたら、もっと仲良くなれたかも。残念(>_<)

それにしても、ホント、馬たちは自由に牧場内を歩き回っていて、馬同士でコミュニケーションを取ったり、斜面の草を食べたり、他の馬に気を取られてる時に何か音がするなぁと思って振り向くと馬同士で追いかけっこ(?)していたり、馬たちの中に自分が居るって感じで、なかなか普通の乗馬施設では味わえない環境でした(^_^)
馬と一緒に走ったり、じゃれあったりして一日過ごしてみたくなる環境かも?!

雰囲気を知ってもらう為に牧場全体を撮りたかったんですけど、横に広くて(^_^;
パノラマの撮れるカメラがあれば良かったんですけど。
今度はもう少し時間を取って、外乗したいです。

※以前もどこかで聞いて書いたと思うんですけど、プチ情報として。
元競走馬は、来た時はうるさいけど、環境と食べ物ですぐ大人しくなるんですって。
人間も動物も食事や環境が大事なのは同じなんですね。

元競走馬たち(元競走馬以外含む)

上から、現在の馬名・品種・競走馬名
  • 不明
  • サラブレッド
  • 不明
  • 不明
  • サラブレッド
  • 不明
  • 不明
  • サラブレッド
  • 不明
  • 不明
  • サラブレッド
  • 不明
  • 不明
  • サラブレッド以外
  • 不明

施設写真

駐車場から見た牧場
右側が洗い場と厩舎
入口に一番近い馬場で、この下にもう一段、更に一段下がった所に馬場が横にダーッと並んでました
【住所】
群馬県利根郡みなかみ町下牧3014-2
【アクセス方法の補足】
月夜野ICから約10分。インターからの道中には「」と書かれた看板が所々に立っているので道に迷うことは多分無いと思います。「多分」というのは、この看板は車からの目線よりも下の方にあることがほとんどなので見逃さなければということです。もし、一人で行く場合は運転に気をつけながらネ。