競馬を引退した元競走馬たちのサイト

乗馬クラブ クレイン栃木(栃木)のクチコミ

小さな、小さな、ふれあい牧場

乗馬クラブ クレイン栃木 クチコミ

  • 情報提供者:ノエルさん(乗馬施設の会員)
  • 情報提供日:2018.1

元ロイヤルの施設ですから、施設は立派。ただ、使いきれていない。
喫茶室は昼の2時間ほどしか開いていない。
自販機でお茶でも飲むしかない・・・。

指導員も、そこそこ良い。
指導法には疑問を感じるが、料金も安いので(平日1鞍、1700円程度)、まあ、こんなものでしょうね。

どうにも馬がよろしくない。 良い馬も多数いるのだが・・・。
かなりの頭数、噛癖のある馬がいる。
口かごをはめているので、実際には噛まれないが・・・。
鐙を下ろしただけで、ヘッドバッドをかまされる。

競馬だったのだろうが、乗馬用の調教が不足している。
気性も荒く、近づくだけで耳を倒し、目を剥いて威嚇してくる。
上位クラスになるほど、こういった難のある馬が多い。
乗馬クラブとして、口かごのはまった馬を提供するのは、どんなものだろう?

  • 情報提供者:匿名希望さん(乗馬施設の会員)
  • 情報提供日:2016.8

【情報提供者の乗馬経験】乗馬クラブで250鞍

会員数1000人を超えたにも拘わらず馬数は80頭ほど。
最近は鞍傷や噛みつく馬が増えて一日に6鞍ほど乗せられる馬にしたら過酷な労働と言わざるを得ない。
馬だけではない。
これだけの会員が増えると中には恐ろしい会員も居て、他の会員に暴言を吐く人が居る。
こういった会員が居るという事は乗馬クラブの資質にも影響するが、意外に何の注意もしない。
まあ、1000人の中にはこういった危険人物も居るのだが、他の会員が怖がって影響が出そう。

  • 情報提供者:匿名希望さん(乗馬施設の会員)
  • 情報提供日:2015.11

【情報提供者の乗馬経験】乗馬クラブで230鞍

最近、会員数がまた増えた。そして馬の数は80頭。
会員数が増えれば指導員が増えるはずだが指導員は1人しか増えない。
辞職や休養している指導員の代わりに2人の指導員が補填されているのみ。そして、この補填の指導員が若く指導歴が浅いと馬が駈足しないのだ。
実は他の会員たちもこの話題で意見が一致する。馬も人を見るのである。

しかも駈足レッスンは3人が定員で3つのサークルに1人ずつ入るのが基本。
そして、指導員が3つのサークルを回って5分ずつ指導し2回、これを行う。
だから実質的には10分の駈足レッスンに一鞍分の料金を支払う。
これで上手くなれるのか? 疑問だ。

  • 情報提供者:匿名希望さん(乗馬施設の会員)
  • 情報提供日:2015.4
会員数、現在1000人。あまりにも規模が大きい。会員数に対して馬数60頭。
馬にとっては中々厳しい状況ではないか。
そのせいか、噛む馬が増えている環境はそれなりにストレスがあるのかも知れない。
よって、必然的に乗り易い馬が少ない。
しかし、そこそこの人数が馬場に集まって隊を組んで騎乗する姿は、まるでおもちゃのマーチで愉快な光景だ。
更に、多数の交友関係は楽しいのである。
他の乗馬クラブで孤独に乗るか、マーチで楽しむかは君次第。
  • 情報提供者:匿名希望さん(乗馬施設の会員)
  • 情報提供日:2014.9

【情報提供者の乗馬経験】乗馬クラブで40鞍ほど

破綻したシモレンが経営していたロイヤルホースクラブの後、渡良瀬北斗クラブが経営を受け継ぎ廃業。
その後、2012年にクレインがこれを受け継ぐ。贅を尽くして建築されたロイヤルホースクラブだっただけに今もその姿は健在で、これほどの施設はかつて見たことはない。
ロビーはホテル並みの美しさ。かつては国際試合も開催され、天皇陛下もお見えになられたクラブだけにクラブ正面からの絵図はまるで完成された絵画のよう。

さて、問題は内容だが、働くスタッフは多いが会員もそれなりに多く800人程度。よって騎乗するクラスによっては8人でメリーゴーランド状態になりクルクルと大きな円を回る始末だ。 一人の馬が止まれば、当然ながら他の馬も止まる。
ここが難点だが、一方でスタッフが会員に対する態度はそこそこ徹底されており、きちんとシステム化されている。
ここが他の個人経営のクラブと異なる良い面。つまり経営者の私情が挟まれない。