競馬を引退した元競走馬たちのサイト

みなさんに投稿して頂いた元競走馬たちの近況(オーバーザリミッツ)

小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの近況

オーバーザリミッツ

  • 父馬:パイロ
  • 母馬:オリミツキネン
  • 生年月日:2015年4月19日
  • 性別:セ
  • 競走馬生活:-(-)
  • 生涯戦績:中央 -、地方 -

デビューできず。

主な近親馬:
アジュディミツオー(04年・05年東京大賞典(G1)優勝、04ジャパンダートダービー(G1)4着・兄)
【18.10.21調べ】
投稿は新着順(※画像転載禁止!)
  • 情報提供者:匿名希望
  •  情報確認日:19.10.12
  •  情報元:現地で直接確認
【現在の馬名】
競走馬時代と同じ

2019年は大きな怪我がなかったようで、ノーザンホースパークで行われた乗馬大会の障害馬術部門では常にエントリーしていました。

特筆すべきは10月に開催の引退競走馬杯において、元障害王者のサナシオンに次ぐ2位となりました。
未出走ながら快挙と感じています。

【管理人コメント】
元障害王者のサナシオンは競走馬現役時、2015中山大障害(J.G1)3着、2016中山グランドジャンプ(J.G1)2着、2015東京ハイジャンプ(J.G2)と2016阪神スプリングJ(J.G2)を優勝している元競走馬です。
そのサナシオンに次ぐ2位というのは素晴らしい。
これからの活躍が楽しみですね(^_^)
※2年前に騙馬になったそうです。
【現在の馬名】
競走馬時代と同じ

動画共有サービス「ニコニコ生放送」の競馬企画により2017年5月に購買された本馬は、大井競馬場の厩舎にて初出走に向けて調教を行っていましたが、相次ぐ怪我の為、初出走せず引退。
その後、育成牧場を経て2018年7月に安平町の早来エクワインファームにて乗馬となりました。
(今年9月に行われました第32回北海道秋季馬術大会(第9、第19競技)、10月13日に行われました北海道地区乗馬大会のRRC 障害飛越競技(引退競走馬杯)に参加しています)
https://www.doubaren.com/data/2018/32th_autumn_kiroku.pdf
http://www.jouba.jrao.ne.jp/pdf/information/info/181013/kekka.pdf(現在なし)


ニコニコ生放送では現役引退まで馬房の様子を生配信していました。
パイロ産駒は比較的気性が荒いとのことですが、この仔は人懐っこい印象でした。
尚、本馬の半兄に南関東の名馬アジュディミツオーがいます。

厩舎に入厩する前は、北海道むかわ町の育成牧場にて調教を行っていましたが、騎乗スタッフ曰く『とても賢い』とのことでした
また、調教師や乗馬クラブの代表も異口同音に『賢い』と評しています。

【管理人コメント】
他の競走馬たちよりも大勢の人に見守られながらデビューに向けて頑張っていたんですね。
怪我によりデビュー前に引退となったことは残念ですが、乗馬としてデビュー出来たようなので良かった(^_^)