競馬を引退した元競走馬たちのサイト

乗馬・競馬に関する本・DVDの紹介

小さな、小さな、ふれあい牧場

乗馬と競馬の本・DVD

その他

本1冊、またはDVD1枚まるごと1頭の馬について書かれた本・収録されたDVD
(主な馬たちについては、その馬が特集されている雑誌やDVD、複数の馬が掲載されていても、
その馬について知ることが出来そうだと判断した本も含め、馬ごとにまとめました。)

逃げろ!自由のために
  • 本
  • 2005/03発売
  • ¥168
Amazon詳細ページへ

サブタイトル(?)は『エリモジョージと襟裳の春』
76年の天皇賞(春)優勝馬・「気まぐれジョージ」こと、エリモジョージについて書かれています。
福永祐一騎手の父・福永洋一元騎手が主戦騎手でした。
2001年に永眠。

シービスケット -あるアメリカ競走馬の伝説
  • 本
  • 2003/07発売
  • ¥2,980
Amazon詳細ページへ

ニューヨーク・タイムズ6週連続第1位で、トビー・マクガイア主演で映画化(シービスケット)された本で、無名の三流馬がアメリカ競馬の殿堂馬となった馬の実話。

本の英語版や、当時の映像で紹介するドキュメンタリーDVDシービスケット 栄光の真実あり。

ナリタトップロード
  • 本
  • 2003/06/01発売
  • ¥2,980
Amazon詳細ページへ

サブタイトル(?)は『騎手・渡辺薫彦の栄光と苦悩』
タイトルは「ナリタトップロード」と付いていますが、サブタイトル(?)に騎手名も記されていますし、目次を見ても「人馬ともに」スポットを当てた本ではないかと・・。
全33戦中、4戦目からはすべて重賞レース、そのうちG1レース14戦で菊花賞1勝のみ。期待される馬に乗りながら結果を出せない騎手の苦悩は、私たちには計り知れないものがあると思います。

トップロードの他の本→
ナリタトップロード路上にて

ナリタトップロード路上にて
  • 本
  • 2003/03発売
  • ¥2,980
Amazon詳細ページへ

99年の菊花賞馬。
写真が豊富なようです。

トップロードの他の本→
ナリタトップロード―騎手・渡辺薫彦の栄光と苦悩

運命に噛みついた馬―サンデーサイレンス物語
  • 本
  • 2002/04/01発売
  • ¥2,980
Amazon詳細ページへ

大種牡馬サンデーのアメリカ時代について、米『ブラッドホース誌』の編集長が書かれています。

テイエムオペラオー 孤高の王者
  • 本
  • 2002/03/01発売
  • ¥2,980
Amazon詳細ページへ

99年の皐月賞馬で7冠馬。
オペラオーと関係者について書かれたノンフィクション。

砂の王メイセイオペラ
  • 本
  • 2000/08発売
  • ¥2,980
Amazon詳細ページへ

99年のフェブラリーステークス(G1)で、地方馬として初の中央G1優勝馬になった競走馬。
決して良血とは言えない競走馬が、中央よりもトレーニング環境の劣る地方競馬所属のまま中央のG1を制覇するのは凄いこと。
現役中、右目上を大怪我し競走馬生命が危うくなった事も。

メイセイオペラの他の書籍→夢の途中―愛と奇跡の馬メイセイオペラ

ベガとアドマイヤベガ -奇跡の親仔物語
  • 本
  • 2000/03発売
  • ¥2,980
Amazon詳細ページへ

1993年の桜花賞・オークスを優勝したベガと、1999年のダービー馬アドマイヤベガ親仔の軌跡を書いたもの。
ベガが産まれてから初仔アドマイヤベガを産むまで、そして、アドマイヤベガがダービーを勝つまでの話です。
こういう本にしては珍しく、アドマイヤベガが現役中に書かれたものです。

王者の蹄跡―タイキシャトルと歩んだ人々
  • 本
  • 1999/03発売
  • ¥2,980
Amazon詳細ページへ

98年の安田記念(G1)、ジャック・ル・マロワ(仏・G1)優勝馬。
誕生から引退までについて書かれています。

衝撃のサンデーサイレンス
  • 本
  • 1998/12発売
  • ¥2,980
Amazon詳細ページへ

種牡馬として大成功を収めたサンデーサイレンスについて書かれています。
吉田照哉氏のインタビューもあり。

Powered by Product Advertising API Amazon.co.jp
ページTOPへ