競馬を引退した元競走馬たちのサイト

乗馬・競馬に関する本・DVDの紹介

小さな、小さな、ふれあい牧場

乗馬と競馬の本・DVD

他のカテゴリに入れられない「馬」に関する本

往診は馬にのって
  • 本
  • 2009/09/01発売
  • ¥2,480
Amazon詳細ページへ

サブタイトル(?)は『淡路島をかけめぐる獣医師・山崎博道』
カスタマーレビューによると児童書のようです。

がんばれ銀太クン -札幌幌馬車ものがたり
  • 本
  • 2009/05発売
  • ¥1,337
Amazon詳細ページへ

初夏から秋にかけての札幌の風物詩である観光幌馬車を運営(?)されている方について、北海道新聞の記者の方が書かれたもの。

※Amazonで中身を一部読むことが可能

馬木葉クラブへおいでよ!
  • 本
  • 2009/03発売
  • ¥1,620
Amazon詳細ページへ

サブタイトル(?)は『あるホースセラピーのかたち』
馬の飼育を中心とした色々な作業を通じて、知的障害者の方の生活訓練、就労訓練をサポートする『NPO法人 馬木葉クラブ』が出来たいきさつから3年半の軌跡をたどった本。
馬木葉クラブは『乗馬クラブ ケ・セラ』も運営されています。

※Amazonで中身を一部読むことが可能

落馬脳挫傷 -破壊された脳との闘いの記録
  • 本
  • 2008/10/11発売
  • ¥11,406
Amazon詳細ページへ

2007年2月24日の障害レースで落馬し、脳挫傷で意識不明となりながらも一命を取り留めたものの、高次脳機能障害となった石山繁元騎手の奥様が、事故以来付けていた日記を元に加筆修正を加えたもの。
石山騎手は、2000年の桜花賞4着、オークス6着のサイコーキララの主戦騎手でした。

こころ飛ぶ、いのち駆ける。
  • 本
  • 2008/08発売
  • ¥11,406
Amazon詳細ページへ

私、コスモの目になる』という本の話(実話)に、現在の話等を加え、児童向けにアレンジした本。

伝説の馬100頭
  • 本
  • 2007/04発売
  • ¥24,013
Amazon詳細ページへ

馬術界で活躍した馬や一角獣等の神話の馬など、あらゆるジャンルから100頭の名馬(?)を選出し、その馬たちについて書かれた翻訳本。

※Amazonで中身を一部読むことが可能

黒潮牧場の馬です。
  • 本
  • 2006/10/01発売
  • ¥1,512
Amazon詳細ページへ

高知県にある馬の養老牧場『土佐黒潮牧場』の馬たちのこと、牧場のことが、牧場にいる1頭の馬の目線で書かれています。
カスタマレビューなどを見ると、子供たちに、命について考えさせることができる本のようです。

モンゴル馬ダライフレグの奇跡
  • 本
  • 2006/07/01発売
  • ¥1,512
Amazon詳細ページへ

サブタイトル(?)は『日本とモンゴル友好のかけ橋になった名馬の物語』
当時の海部首相に、日本・モンゴル友好の絆として贈られた馬がモンゴル競馬で名馬になったらしく、その馬と海部首相との話だそうです。

盲導馬をよろしく
  • 本
  • 2005/08発売
  • ¥1,512
Amazon詳細ページへ

埼玉県にある名栗ミニホース牧場で、日本初の盲導馬を目指す方と馬の奮闘記。
ネット検索したところ、2001年にテレビ朝日で「盲導犬に続け!盲導馬の登場!!」というタイトルで放送されたことがあるようです。

※Amazonで中身を一部読むことが可能

新アルティメイトブック馬
  • 本
  • 2005/06発売
  • ¥7,344
Amazon詳細ページへ

乗馬をされる方からお勧め頂いた本。
『馬の図鑑ですが、馬の品種や歴史、乗馬、競馬についてと盛りだくさんに書かれています』とのこと。

Powered by Product Advertising API Amazon.co.jp
ページTOPへ