元競走馬のサイト 小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの突撃レポ

つま恋ホースランドパークにいる元競走馬たちの近況リポート

元競走馬たちの突撃レポこの地域の元競走馬レポつま恋ホースランドパーク

つま恋ホースランドパーク

リゾート施設ヤマハリゾートつま恋の中にある乗馬クラブ

ヤマハリゾートつま恋には、ホースパークの他にも温泉やコンサートホール、宿泊施設などがあるようです。
体験乗馬は要予約の為、1週間前に電話で予約したのですが、とても優しく気さくな女性でした。

さて当日。
8:30に受付してくださいと言われていたので早起きして行きました。ところが!
駐車場入口に行ってみると「開場 8:30」と書いてあるではありませんか。
私たちが着いたのは8時前。朝ご飯も食べずに来たのに・・・。ということで、ちょっとUターンして朝食を買いにコンビニへGO!

開場時間の8:30。職員らしきお姉さんがやってきて門を開けてくれました。
私たち以外誰もいないようでした。まぁ、地方の観光施設ってこんなものなんでしょうけど。平日でしたしね。

予約したとき、乗馬の料金にヤマハリゾートつま恋の入園料も含まれており、入口で乗馬に来たといえばそのまま通してくれるとのことだったので、指示通り受付のお姉さんに『体験乗馬に来たんですけど』と一言。名前を聞かれた後、一路ホースパークへ。
緩やかな坂を上り、トンネルを抜けるとそこは夢にまで見た(?)つま恋ホースパーク。

右上の写真でもわかる通りキレイな建物です。中もキレイでした。で、まずは受付。
料金を前払いし、貸し出しのキュロット(乗馬ズボン)とブーツとヘルメットを受け取りロッカーへ。
着替えを済ませてロビーに出ると、そこに武豊、武幸四郎兄弟のサインと、メジロマックイーン、ティコティコタックの写真が飾られていました。
受付に戻ると、お姉さんが体験乗馬をするパドックを教えてくれたので向かうと、馬が1頭とお姉さんが待っていたので、挨拶をして体験乗馬開始(乗馬体験の様子

案内してくださったお姉さんに聞いたところ、このホースパークには現在90頭程の馬たちがいるそうです。
栗東トレーニングセンターとも懇意にしているそうで、デビュー前にケガなどの諸事情で走れなくなった馬や引退した馬などを引き取り、乗馬としての教育を施していろいろな施設に送り出しているそうです。
厩舎もとても清潔にされていました。

乗馬体験の担当をして下さったお姉さんは、女ムツゴロウさんのようで、馬たちがかわいくて、かわいくてしょうがないという感じがヒシヒシと伝わってきました。

最後に、お姉さんに『ここに(ホースパーク)来た馬は、ずっとここで面倒を見るのですか?』と質問したところ、『馬は1ケ所に長く居ることは難しいんです。でも、この子(シクレノンシェリフ)はそのつもりです』とのことでした。
1頭でも多くの馬が幸せな馬生生活を送れることを願って止みません。

  • ポニー乗馬・トレッキングコースのりば
  • 入ることは出来ませんでしたが厩舎です
【訪問月】:2001【住所】静岡県掛川市満水2000
【アクセス方法の補足】
  • 元競走馬たち:上から、現在の名前、種類、競走馬時代の名前。基本は、元競走馬、または「サラブレッド」と疑わしき馬のみですが、施設の全頭数が少ないとき等は、サラブレッド以外の種類の馬を含んでいる場合もあります。