元競走馬のサイト 小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの突撃レポ

伊豆下田乗馬クラブにいる元競走馬たちの近況リポート

元競走馬たちの突撃レポこの地域の元競走馬レポ伊豆下田乗馬クラブ

伊豆下田乗馬クラブ

下賀茂温泉近くの乗馬クラブ

見学の許可をもらいに行くと、事務所らしきところには男性が一人お昼(?)を食べていました。
恐る恐る声を掛けたのですが、快く見学の許可を頂き見学スタートです。
厩舎には1頭だけで、あとは放牧されていました。
とりあえず厩舎を覗いたのですが、乗馬クラブでの名前・種別・生年月日だけしか書かれていないので競走馬時代の名前は不明。
と思いきや、写真はないんですけど1頭だけ情報が判明しました。
また、公式サイトには写真付きで馬たちが簡単に紹介されているのですが、写真が明るすぎて名前の確認がほとんど取れません(2009/12現在は改善されています)。

今回紹介している6頭のうちの2頭については、馬房にあった名前から4つの候補を挙げていますが、名前が不明なのはその2頭だけなので写真と名前の数が一致しません。
1頭は全く近寄ってきてくれず、またあまりにも遠かったので写真は撮っていないですけど、馬房には全8頭(サラブレッド・アングロアラブのみ)の名前が掲げられていたので、いぶかしく思い、帰り際に『放牧されているので全部ですか?』と聞いたところ『そうです』とお答えになったので、とりあえずそれを鵜呑みにしました。
もしかしたら、どこか仕事に出かけて留守だっただけかなと後で思ったりもしましたが・・・。
公式サイトと馬房での名前とも若干合わないので、とりあえず馬房の名札を参考にしました。

とにかく、放牧されている馬たちは食べることに一生懸命で、ほとんど近寄っては来ませんでした(>_<)。
馬ってホント食事の時は集中して食べますから、毎回写真撮りに苦労させられます(^^;。
その代わりなのか、半血種のサウスチェリーが近寄ってきて愛想を振り撒いてくれたんですが、撮影の邪魔はするは、挙句の果てにいきなり「ボッ!」と大きな声で鳴くんです。いきなりだったのでビックリしちゃいました(^_^;

今回草を食んでいるところを見ていておもしろかったのは、草を食べるとき直立不動では地面に口が届かないので両前脚を前後に開いて食べるんですけど、一度広げた後、それでもまだ口が届かないと知ると、再度『あらよっ!』ってな感じで広げ直すんですよね。それが人間臭くておもしろかったです。(^_^)

ここを訪問後もう1ヶ所、別の乗馬クラブにお邪魔したんですけど、その後、この乗馬クラブの近く、と言っても歩いては行けませんが、「銀の湯」という地元密着型の健康ランドのような温泉施設に行きました。
大人は900円で、確か21:00頃までだったような気がしますが、建物は綺麗だし駐車場も割と広いスペースであるので、乗馬で流した汗を洗い流しに行ってみてはいかがですか?

  • 道路から見た馬場
  • 馬場の左側から
  • 厩舎
  • クラブの中から見た馬場
    奥はアパート
【訪問月】:2003【住所】静岡県賀茂郡南伊豆町上賀茂本多563
【アクセス方法の補足】下田方面から行くと左手に乗馬クラブの看板が見えて来て、前にはゼネラルガソリンスタンドと信号あり。この信号を左折ですが、下田にUターンする感じで、またすぐ左折。あとは数十メートルまっすぐ走れば到着。
  • 元競走馬たち:上から、現在の名前、種類、競走馬時代の名前。基本は、元競走馬、または「サラブレッド」と疑わしき馬のみですが、施設の全頭数が少ないとき等は、サラブレッド以外の種類の馬を含んでいる場合もあります。