競馬を引退した元競走馬たちのサイト

乗馬クラブ等にいる元競走馬たちの近況レポート

小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの突撃レポ

東伊豆乗馬クラブ

貸別荘かわばた」の主人がオーナーを務める乗馬クラブ
廃業した模様

【訪問月】:2003/1

公式サイトには馬のことについては何も情報が載っていなかったので、正直あまり期待せずに行きましたが、行ってみると元競走馬らしき馬達が居そうで一安心。

駐車場に停めて馬の気配を探したのですが、ヤギが恐ろしいほどの声で鳴いたり鶏小屋みたいなところがあったりと、まったく気配がない。ましてや人の気配も・・・。
ちょっと不安になったところ、道を挟んだ駐車場の向かいにコンクリートの坂道があり小屋が建っていたので、その坂をちょっと登り始めたところで愛しき馬の匂いがプンプン(笑)。その時、小屋の窓から人が声を掛けてきました。
私は『馬を見せて頂きたいんですけど・・・』と言うと、その方から快い返事が返ってきました。
そこで、私はそそくさと車に戻り、カメラの準備をしてその坂道を駆け上がったのであります。

小屋に着くと、小屋の目の前の放牧場に4頭の馬達が居て、庭箒を持った先ほどの方が厩舎の掃除をしていました。
厩舎の中をちょっと覗くと、明らかに放牧されている数と馬房前のネームプレートの数が合いません。
理由を聞いたところ、ここにいる馬は毎日半分の4頭は2頭ずつに分かれて、県内の伊豆バイオパークと伊豆ぐらんぱる公園(こっちはちょっと自信がない) に引き馬の仕事に出かけているのだそうです。

こちらの乗馬クラブは、以前は現在の場所より2Km程下にあったのですが、5年程前に今の場所に移動したそうです。
掃除していた方とは、お忙しいのにもかかわらず色々とお話させていただきました。

こちらの乗馬クラブの馬たちは、以前は個人所有だった仔たちもいるのですが、今は全頭が乗馬クラブ所有馬だそうです。
伊豆なので、さぞや夏休みも忙しいだろうと思って『夏が一番忙しいのですか?』と質問すると、春先やゴールデンウィークがとても忙しいそうです。ちょっと意外。でも、『夏は馬がバテるので忙しくないほうがいい』とのこと。
ここで初めて知ったことが一つ。
乗馬たちは年に1回名前の更新があるので、同じ馬でも名前が変わるそうです。
オーナーが違ってしまえば変わるのはしょうがないですが、同じオーナーでもコロコロ変える人も中には居るらしく、それはちょっと・・・と思ってしまった管理人でした(笑)。

放牧地の入口でジーッとしていたパリスを『大人しいですね』と私が言うと、『馬はみんなこんなもんですよ。放牧場で暴れたり、馬房に"この馬には触らないで"とか書いてあるのは、ストレスが溜まって、何をしでかすか分からないから。だから、ここでは、ストレスを溜めないように運動の後は放牧してあげてるんです』とのことでした。
もちろん馬は臆病な動物で、特にサラブレッドは繊細だと言われているので、何かに驚いたりすれば暴れることはあると思うんですけど、多分「何の理由もなく暴れるのは」ということなんだと思います。貴重な考えを聞くことが出来て良かったです。

馬房に貼ってあるネームプレートですが、木の板で作った手作りでした。
理由を尋ねると、プラスチックだと皆が齧って壊すので、それならと木の板にしたのだそうです。

※こちらの乗馬クラブはビジターのみで、会員制の乗馬クラブではありません。

元競走馬たち(元競走馬以外含む)

上から、現在の馬名・品種・競走馬名
  • パリス
  • アングロアラブ
  • ユウターパリス
  • 写真なし
  • セイレイ
  • サラブレッド
  • ダイトクホーシヨウ

施設写真

駐車場
乗馬クラブへ行く道
左側の建物が厩舎
思い思いに過ごす馬たち
奥の建物が厩舎
【住所】
賀茂郡東伊豆町稲取字石上3322-6
【アクセス方法の補足】
場所は基本的に公式サイトの地図を参考にすればOK。補足情報
尚、帰り道ですが、行きと帰りでは景色が違うし住宅が密集した細い道ということもあり、私は途中の道を間違えてしまいました。
同じ国道には出るので大丈夫ですけど・・・。