元競走馬のサイト 小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの突撃レポ

大阪乗馬協会 鶴見緑地乗馬苑にいる元競走馬たちの近況リポート

元競走馬たちの突撃レポこの地域の元競走馬レポ大阪乗馬協会 鶴見緑地乗馬苑

大阪乗馬協会 鶴見緑地乗馬苑

花博記念公園内にある乗馬クラブ

受付のお姉さんに見学の許可を得たところ『立ち入り禁止の所は入らないで下さい』とのこと。
ティーラウンジのような休憩場所を抜けて扉を開けると、目の前に馬場があり、右側の奥には競技会などで遠征して来た馬達を入れる厩舎が見えました。
そして左側に厩舎と洗い場があったのですが、洗い場の入口には門があり、そこの説明を読んだのですが入って良いのか悪いのか分からず、洗い場内に居た方に遠慮がちに『スミマセン』と声を掛けたのですが、見事に無視され、立ち往生していました。
すると、受付のお姉さんが出てきて、『ココは入っても大丈夫ですよ』と教えて下さいました。
結局、一般見学者は、洗い場や馬場に居る馬しか見ることが出来ません。厩舎内は立ち入り禁止区域でした。
というわけで、乗馬クラブ自体には結構な数の馬たちがいるようでしたが4頭しかご紹介出来ません。

公園そのものはとても大きく、休日の天気の良い日に本を持ってゆっくりと読書したいような所でした。
あと、お弁当を持っていって日向ぼっこしたり・・・。
ただ、ローラースケートやスノボーなども出来る程道幅が広いので、日によってはちょっと「うるさいなぁ」と感じるかもしれませんが・・・。

私がお邪魔したときは、馬場には1、2頭しか出ておらず、天気も悪かったので、イマイチ寂しい雰囲気でした。
土日はどうなんでしょうね?(私はいつものごとく平日に行ってますので)
尚、この乗馬クラブでは要らなくなったタオルのカンパを呼びかけた紙が貼ってありました。
馬たちのお手入れをする時に使うのでしょう。見学する際に持って行ってみては?

【訪問月】:2002【住所】大阪府守口市大字高瀬旧大枝510
【アクセス方法の補足】行き方の補足→公式サイトで行き方を確認したところ、駅から徒歩で10分〜15分とのことでしたが、私でだいたい15〜20分位。
園内に入ってからが長く、また、所々に道案内の看板があるのですが、広いこともありイマイチ分かりづらい案内でしたが、なんとか着く事が出来ました。苑内の奥の方といった感じです。
  • 元競走馬たち:上から、現在の名前、種類、競走馬時代の名前。基本は、元競走馬、または「サラブレッド」と疑わしき馬のみですが、施設の全頭数が少ないとき等は、サラブレッド以外の種類の馬を含んでいる場合もあります。