元競走馬のサイト 小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの突撃レポ

鮫島乗馬苑にいる元競走馬たちの近況リポート

元競走馬たちの突撃レポこの地域の元競走馬レポ鮫島乗馬苑

鮫島乗馬苑

2000年に乗馬クラブを解散

鮫島乗馬苑に着いた頃にはだいぶ陽も傾いており見つかるかちょっと心配でしたが、大通りに看板があったので、それほど苦労すること無く辿り着くことが出来ました。

ちょっと見た感じでは「やってんのか?」と思うほど静かな感じで、馬の気配が感じられません。
「乗馬苑」と言うからには、受付所があるのでは?とウロウロしたのですが見当たらず、しょうがないので、裏口らしきところから入りました。
そこは、農具などを置いてある小屋のようなところで表の道に抜けられるようになっていましたが、そこに乗馬クラブの方がいらっしゃったので確認した所、表の道路の向う側にいるとのこと。

言われた通り、その小屋の中を横切って表の方に出ると、道路を挟んだ向かい側に、下の↓施設写真(左)のような道があり、この道を2、3メートル進んだ横に、団地の中にある公園程の広さの広場に柵が巡らせてありました。
そして、そこに2頭が柵から首を伸ばして草を食んでいたのです。(今回リポートするのはサラブレッドらしき馬1頭のみ)

その2頭としばらく遊んだ後、 また小屋を通って帰ろうとするとおじいさんがいたのでお話を聞いたところ、昨年、乗馬苑を解散され、現在の2頭だけをご自分の趣味の為に残し、あとはすべて売却したのだそうです。

余談ですが、行き帰りに通った小屋の入口にヤギが1頭いたのですが、おじいさんの話によると『近所の子供達が自分達からこの子(ヤギ)の世話をしたいと言ってきて世話してるんだよ。この看板(ヤギの名前などが書かれていた)も子供達が作ってきてねー』とのことでした。心温まる話ですね(^_^)

  • この道を進んでいった右側に馬がいる
  • この道を入って左側に小屋
【訪問月】:2001【住所】鹿児島県鹿児島市下福元
【アクセス方法の補足】
  • 元競走馬たち:上から、現在の名前、種類、競走馬時代の名前。基本は、元競走馬、または「サラブレッド」と疑わしき馬のみですが、施設の全頭数が少ないとき等は、サラブレッド以外の種類の馬を含んでいる場合もあります。