元競走馬のサイト 小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの突撃レポ

優駿ビレッジAERUにいる元競走馬たちの近況リポート

元競走馬たちの突撃レポこの地域の元競走馬レポ優駿ビレッジAERU

優駿ビレッジAERU

乗馬体験や、競馬界で活躍した名馬たちの見学ができる宿泊施設

ここはもう、牧場見学する方なら誰でもご存知の場所ですよね?
競走馬の生産牧場が多数ある町の一つ、北海道・浦河町にある宿泊兼乗馬体験可能な施設です。

公式サイトを見れば施設のことなどは分かると思いますが、素泊まりで一泊6500〜。
乾燥機付きのコインランドリーもあるし温泉もあります。
食事はバイキング、単品での注文どちらでも可。
ただ、バイキングは少々高いように思えたので(ディナー\2500)、私は単品にしました。
宿泊予約する→優駿ビレッジAERU(byじゃらん)

優駿ビレッジAERUでは、朝の5時半頃から夕方まで放牧されており、放牧中は見学可能とのこと。
宿舎からこの放牧地までは歩いて15分位でしょうか(朝の散歩にオススメです)。
受付の所に、ダイユウサク、ヒシマサル、ニッポーテイオーの放牧場所が書いた紙が貼ってあったので、それを確認して放牧地へ。
因みに、宿泊者で無い方の見学の場合、わざわざ宿舎まで来て歩かずとも、直接放牧地に行ける道があるようです。

さて、思ったよりも長い道をテクテクと歩いていると、牧柵にダイユウサクなどの名前が書かれている放牧地がありました。
早速、取材開始となったのですが、悲しいことに誰一人として、草を食むことに夢中で寄ってきてくれなかったんです(>_<)
おかげて、顔のアップ写真が全然撮れず。
私、これまでリポートしていて分かったのですが、どうも、馬の「顔」が好きみたいなんですよね。
正直、体には全然興味が無いので、今回の取材は私にとっては充実した取材とは言い難いものとなってしまいました。残念!

  • ホテルから放牧場へ行く道
  • 道を挟んで放牧地の前にあった丸馬場と厩舎
【訪問月】:2003【住所】北海道浦河郡浦河町西舎141-40
【アクセス方法の補足】
  • 元競走馬たち:上から、現在の名前、種類、競走馬時代の名前。基本は、元競走馬、または「サラブレッド」と疑わしき馬のみですが、施設の全頭数が少ないとき等は、サラブレッド以外の種類の馬を含んでいる場合もあります。