元競走馬のサイト 小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの突撃レポ

群馬ホースパラダイスにいる元競走馬たちの近況リポート

元競走馬たちの突撃レポこの地域の元競走馬レポ群馬ホースパラダイス

群馬ホースパラダイス

引退した競走馬たちと触れ合える養老牧場&乗馬施設

ここは、「あの馬は今?2001-2002/流星社」で紹介されているのを見て、是非行ってみたいと思っていたところでした。
念願かなって、やっと行けることになり、とても楽しみでした。但し、小雨が・・・。

今回は、見学の他に、もう二つ目的がありました。
それは、「サラブレッドクラブ会員になる」ということと、乗馬をするということ。
年間1万円で、通常の料金が1000円である引き馬の無料券が5回分付きます。安いでしょ?
それに、ホースパラダイス群馬では正会員でも1ケ月6,000円(2009/11現在7,000円)で乗り放題という、乗馬ファンにはヨダレが出るような(品の無い表現で失礼!)システムなんです。
あと、会員さん以外の方の乗馬レッスンは鞍付けから最後の手入れまで入れて1時間程の乗馬レッスンを4千円という、これまたかなり良心的なお値段で行っているのです。
※「サラブレッドクラブ会員」と会員以外の乗馬レッスン4,000円は2009/11現在廃止?

事前に連絡を入れた所、訪問する日に出かける前に連絡してもらえたら・・・とのことでしたので、途中のコンビニで連絡とトイレを済ませ、目印の看板を左に曲がりまっすぐ行くと、左側に目的地であるホースパークが見えてきました。
到着すると、年配の男性の方が一人赤ちゃんを抱いて立っていました。

’あの方がさっき電話に出た人だわ’とちょっと緊張しながら車を降り『先ほど連絡した者なんですけど〜』と声を掛けたところ、その方は牧場長さんでした。
電話では、ちょっととっつきにくい方かなと思っていたのですが、全然そんなことはなく、とても気さくな方でした。

『あの〜、乗馬したいんですけど〜』と遠慮がちに言うと、『どっかで乗ってるの?』と聞かれたので、『いえ、旅行に行ったときに体験乗馬を2回程しただけです』と話すと、『あ、そう。じゃあ、どれにしようかねぇ、カシマドリームにするか』と言い残し、赤ちゃんを抱いたまま放牧中のカシマドリームを捕まえに行かれました。

鞍を付けるなどの準備をして頂き、「さぁ、久しぶりの乗馬だ!」と気合を入れて、カシマドリームの背中へ乗ったのですが何か様子が違う。なぜか引き馬をすることに。それも、引き綱は我が同行者にさせようとしていました。
「アレッ?」と思ったのですが、ま、会員になることを言ったから無料券分を消化させようとしているのだろうと、あまり深く考えずにそのまま引き馬をすることに。(あとでパンフを見て分かったのですが、私があまり経験がないので、馬に慣れさせる為に引き馬をさせてくださったようです)

てなわけで、同行者の先導で(というか同行者が馬に先導されている?(笑))引き馬開始!
1周200mある馬場を、同行者と交代しながらグルグルと周りました。
途中、馬場の内側の柵内に居たロバのミミがこちらに駆け寄ってきて、ものすごい大音量で鳴き始めました。ドリームは動じることなく歩いているのですが人間の方は恐ろしく恐ろしくて・・・・。
今にも跳びかかってくるような勢いで興奮しておりました。(^^;

実際馬を引いてみて感じたのですが、結構エネルギー使います。ちょっとした早歩きみたいな感じです。
馬を引くだけでも結構な運動量になり、ダイエットにいいかもしれない!(笑)

それにしても、今回始めて引かせてもらいましたが、乗るのとはまた違った馬とのふれあいですよ。
なんか、引いてる方が馬の考えていることなどが分かるような気になります。ぜひ、1度体験してみてください!
私は、結構ハマりそうでした。

元の位置に戻ると、牧場長さんが赤ちゃんに『ドリちゃんに乗るか?』と言いながらゆっくりと1周されました。
そうこうしているうちに、雨がちょっと強くなってきたので、人間はひとまず退散!

最近、とりあえず急ごしらえで作ったという、会員さんがくつろぐ部屋へ案内され会員入会の手続きをしました。
その後1時間近く、乗馬クラブの現状、牧場長さんの夢、馬たちのこと等々、色々お話させて頂きました。話の内容

先日、地域の保育園等に出張乗馬のチラシを配布したところ1ケ所からお声がかかり、それが好評だったそうで、保育園の理事の方が出張費用3万円に、お礼として1万円上乗せしてくださったとか。今後増えることを願っておられました。

また、牧場長さんはアニマルセラピーにも力を入れており、以前、障害者の子供達が来場した時、始めは恐がっていた子供が3周回って帰ってくる頃には、まったく表情が違ってニコニコと笑顔で戻って来たのだそうです。
それを見た牧場長さんは、やはり生き物と接することは人間にとって良い影響を与えるのだということを再認識させられたとか。

そんな、牧場長さんが、『農業や動物とのふれあいなどが一体となった施設を作ること。まぁ夢だけどね(笑)』と、ちょっと恥ずかしそうに夢を語っていたのが印象的でした。

最後に、牧場長さんが1番言いたいことは、乗馬で、元競走馬に乗れることがすごいこと!だそうです。

牧場について書かれた看板

※現在は移転され、乗馬体験などは行っていらっしゃいません。

  • 馬場
  • 馬たちの休憩所?
  • 全員集合(?)1
    この中に居ないのはだあ〜れ?
  • 全員集合(?)2
    この中に居ないのはだあ〜れ?
【訪問月】:2002【住所】群馬県伊勢崎市平井町1448-2(現在は、太田市新田上中町)
【アクセス方法の補足】伊勢崎ICから約15分、太田・藪塚ICから約10分位の場所
  • 元競走馬たち:上から、現在の名前、種類、競走馬時代の名前。基本は、元競走馬、または「サラブレッド」と疑わしき馬のみですが、施設の全頭数が少ないとき等は、サラブレッド以外の種類の馬を含んでいる場合もあります。