競馬を引退した元競走馬たちのサイト

みなさんに投稿して頂いた元競走馬たちの近況(リンデンレオ)

小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの近況

リンデンレオ

  • 父馬:ダハール
  • 母馬:ウラカワミユキ
  • 生年月日:1995年3月24日
  • 性別:牡
  • 競走馬生活:10ヶ月(1998.8〜1999.5)
  • 生涯戦績:中央4戦0勝、地方11戦2勝

わずか4戦で中央競馬→荒尾競馬に移籍。中央では2桁着順ばかりだったが、移籍後はCクラスではあるものの、ほぼ1着〜3着と好成績を収めている。

主な近親馬:
ナイスネイチャ(91年の 菊花賞3着ほか・兄)、グラールストーン(92年の菊花賞10着ほか・兄・2011年2月5日、腸捻転により永眠。亡くなった当時の状況は こちら
【2014.4.21調べ】
投稿は新着順(※画像転載禁止!)
  • 情報提供者:ソロモンさん
  •  情報確認日:2013.1
  •  情報元: 渡辺牧場
【現在の馬名】
競走馬時代と同じ

現在の居場所→ アトリエ鼓動 in十勝

 

【管理人コメント】
  • 情報提供者:myanさん
  •  情報確認日:2008.10.9
  •  情報元:現地確認(マオイホースパーク)
リンデンレオ
【現在の馬名】
競走馬時代と同じ

北海道のマオイホースパークで乗馬として頑張っています。
小さくて、ベビーフェイスですがとても可愛くペットのようでした。
恐がりな面があるのですが、馬房ではとても大人しいそうです。

 

【管理人コメント】
1999/5/16のレースを最後に引退後、すぐかどうかは分かりませんが、平成13年頃には北海道・北広島の「北広島乗馬クラブ」で乗馬として元気に暮らしていましたが、その後、現在の居住地、マオイホースパークへ移動しています。

現在、母や兄弟妹達は、同じ北海道の渡辺牧場で過ごしています。兄のグラールストーンは千葉の乗馬倶楽部イグレットに居ます(グラールは、2011年2月5日、腸捻転により亡くなったそうです。ソロモンさん情報提供。 )。
マオイホスパークさんのブログによると、神経質で太れなかったレオですが、最近はふっくらとしてきて、精神的に大人になってきた証拠ということです。