元競走馬のサイト 小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの近況(ミサワパール)

投稿して頂いた元競走馬たちの近況(ミサワパール)

元競走馬たちの近況ミサワパール
元競走馬の近況を募集!

ミサワパール

  • 父馬:ハクタイユー
  • 母馬:ウインドアポロッサ
  • 生年月日:平成3(1991)年4月17日
  • 性別:
  • 競走馬生活:1ヶ月(1995.4)
  • 生涯戦績:中央1戦0勝、地方 − 

わずか1戦のみで引退した模様。

投稿は新着順(※画像転載禁止!)
情報提供者:やなかずさん 情報確認日:2010.6.18 情報元:現地確認(スパイス乗馬クラブ)

【現在の馬名】競走馬時代と同じ

誘導馬を引退後、千歳市にあるスパイス乗馬倶楽部にて乗馬として暮らしています。
スパイスにいるフィリーという牝馬が彼女で、彼女がそばにいないと落ち着かない、という可愛い子です。
先月、初めて乗りましたが、とても駈歩の乗り味が良かったです。
人が下手だったので、馬はいい気分はしなかったでしょうけども。

ミサワパールは初めて乗ったとき、完全に舐められてしまいまして、 愛しのハニー・フィリーの方を見たまま完全に硬直しちゃったんですよ。 発進させるのに苦労しました。 終わったあとに彼女のフィリーと離されたから 硬直してたんだろうと聞きまして。
普段は馬場に放牧されているのですが、 騎乗するときは他の馬は馬場の隣にある、草のある放牧地に離されるのですが、 フィリーだけはいつも少し離れた場所にあるパドックに離されるんですよ。 理由は聞いてないのでわからないのですが、口篭してるので、 余計な物口に入れると、お腹壊しちゃったりするのかもしれないです。
そんなわけで、騎乗が終わったあと馬場に放牧されたパールは、離れたパドックにいるフィリーに一番近いところで、フィリーの帰りを待っていました。 写真はそういう状態の時のものです。

【管理人コメント】誘導馬ふぁんくらぶさんの情報によると、2008年に函館の乗馬センターから移動した模様。但し、そのままスパイス乗馬クラブさんに来たかどうかは不明。
また、パールは、白毛サラ(正確にはサラ系)で日本で初めての勝利馬となったハクホウクンの兄で、弟ハクホウクンは、2010年7月現在、千葉県成田市にあるインターアクションライディングクラブで、子供たちと乗馬として頑張っていますよ(^_^)