競馬を引退した元競走馬たちのサイト

みなさんに投稿して頂いた元競走馬たちの近況(マルターズロビン)

小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの近況

マルターズロビン

  • 父馬:タイキシャトル
  • 母馬:デピュティアディラ
  • 生年月日:2003年5月7日
  • 性別:牡
  • 競走馬生活:3年5ヶ月(2006.3〜2009.7)
  • 生涯戦績:中央21戦3勝、地方 -

重賞レースの出走歴はなし。

投稿は新着順(※画像転載禁止!)
  • 情報提供者:B.Kruegerさん
  •  情報確認日:2011
  •  情報元:現地で直接確認(大和ホースパーク)
【現在の馬名】
競走馬時代と同じ

2009年入厩。
最終レースは「2009/7/25小倉」だったんですね。
外産馬の濃い血を受け継いでか、雄大な体格の栗毛でした。
腕のいい高校生やスタッフが乗り馴らしており、障害馬として自馬にという話も持ち上がっていたようでした。
それなのに、残念なことに、前肢に蹄葉炎を発症してしまいました。
発見されたときは、かなり進行しており、ほどなく蹄壁剥離に至りました。

2011年に、林間放牧で養生するということで、県外へ移動しました。

【管理人コメント】
「蹄葉炎」は、よく聞く馬の病気の1つです。この病で競馬を引退する馬も少なくない印象。
現役時代の体重を見ると、500kgを超えているので、体の重さが脚にきたのかな?
養生するということで退厩したようですが、良くなったかな?