競馬を引退した元競走馬たちのサイト

みなさんに投稿して頂いた元競走馬たちの近況(チアフルワールド)

小さな、小さな、ふれあい牧場

元競走馬たちの近況

チアフルワールド

  • 父馬:スピニングワールド
  • 母馬:Cheer Cheer
  • 生年月日:2002年5月13日
  • 性別:牡
  • 競走馬生活:4年6ヶ月(2004.10〜2009.3)
  • 生涯戦績:中央40戦3勝、地方 -

2005年のクリスタルC(G3)4着、ニュージーランドT(G2)出走

投稿は新着順(※画像転載禁止!)
  • 情報提供者:B.Kruegerさん
  •  情報確認日:2012
  •  情報元:現地で直接確認(大和ホースパーク)
【現在の馬名】
競走馬時代と同じ

2012年までに大和ホースパークから退厩していました。
行先は残念ながら不明です。

気性が強く、力のあるお馬さんだったと思います。
筋肉ムキムキで、馬場運動ではきれいな動きを見せ、フライングチェンジも難なくこなして期待されたのですが、部班に"チア"が出ると、他の馬、特に牝馬さんが、びくびくするので配馬が難しかったでしょう。
お尻ブリブリでも障碍は嫌いだったようです。
また、僚馬をいじめるので集団放牧に入れられず、個別放牧すれば寂しいのか、無駄に暴れまわって怪我をする、という不器用なところがありました。
大小問わず怪我は多く、あご下に木の枝を刺すなどという物騒なことをしでかして、スタッフをぎょっとさせたことも。
よく、ぷんぷん怒っているので、どこがチアフルじゃ、アンガーフルと改名せい!と、からかったりもしましたが、洗い場でのお行儀は決して悪くなく、ブラッシングが大好きで、この時だけは甘え上手だったように思います。
明るい栗毛が鮮やかな、たくましい馬でした。

【管理人コメント】
人間から見ると、ちょっと困った仔だけど憎めない、って感じだったのかな?(笑)
netkeiba.comで現役時の姿が見られるのですが、確かに、ちょっと性格はキツかったのかな?、と思わなくもないです。
でも、他の馬たちに対して、仲良くしたいのに仲良くする方法が分からない、結果、いじめのようになってしまっていたという感じだったのかな?、という気もします。
投稿者の方が仰るように、性格的に不器用な仔だったのかもしれませんね。